信託報酬


投資信託を購入する際、まず購入時に「販売手数料」、投資信託を保有している間は「信託報酬」、解約するときには「信託財産保留額」など、諸費用が多くかかります。

この中で一番やっかいなものが「信託報酬」と呼ばれるものです。

信託報酬は投資信託に預けている限り、毎日かかり続ける費用になります。信託報酬率が1%の場合、仮に500万円購入すると運用成績がプラマイゼロでも、信託報酬額は5万になります。

投資信託は基本的に長期運用がメインになりますから、5年ほど保有し続けることはよくあることです。これだけだとしても、25万円の信託報酬がかかります。最悪のケースは運用成績が悪く、結果的に資産が目減りした場合など、信託報酬だけ払って終わってしまうことになるのです。投資信託の運営会社や、ファンド会社は、投資家から多くの資金を集めることを主目的としています。

もちろん大量の資金を運用して良い成績を出すという目標もありますが、まず大量の資金が集まれば、信託報酬だけで充分稼げるということにもなるのです。

へんな話ですが、後々に信託報酬だけで儲かっていけるので、資金が集まる間だけ運用をがんばって行おうというファンド会社も存在するようです。


ネット主婦の口コミから集めた口コミ比較サイト
M&S レッドキャピタルブレバン・ハワード・アセット・マネジメント 野村證券 JPMザ・ジャパン BMキャピタル サンデル・アセット・マネジメント ラサールグローバルREITファンド スマイリングパートナーズ