投資信託の税金


投資信託にも当然ながら税金はかかってきます。
ただし、投資信託の税金は何の投資信託を購入するかによって実は変わってくるのです。

分配金や換金の結果、または投資信託が終了して償還益が出た際、これらの利益には当然ながら税金がかかってきます。
この税金に対する税率は、「株式投資信託」と「公社債投資信託」のいずれかで変わってきます。

2013年の1年間まで株式投資信託の利益にかかる税率は10%となってますが、これが翌年以降は20%になると言われています。

公社債投資信託の税率は一律20%で、今年度以降は、復興特別所得税もプラスされます。現在の日本の法律においてですが、投資などの雑所得に関しては全て20%の税金がかかります。

通帳を見た際に、ものすごく半端な数字が振り込まれていたりする場合は、税金が引かれて入金されているということです。

銀行の定期預金から発生する利益にも20%の税金が引かれた後に入金されるので、通帳に記載されている金額が非常に細かい金額となっているようです。

これらをまとめますと、預金金利で20%の税率なので投資信託を購入し、10%の税金がひかれたとしても、税率面から見ても預金より投資信託が得だということがわかります。

これらの税金に関しての細かいことは、投資信託購入時の説明書に記載されてありますのでしっかり確認することが重要です。


ネット主婦の口コミから集めた口コミ比較サイト
M&S レッドキャピタルブレバン・ハワード・アセット・マネジメント 野村證券 JPMザ・ジャパン BMキャピタル サンデル・アセット・マネジメント ラサールグローバルREITファンド スマイリングパートナーズ