海外株購入はリスクヘッジになるか?


グローバル社会と言われている昨今、とある国で起こる不祥事や経済動向が、日本はもとより、世界経済に影響を与えています。これは以前に比べ、世界が密接になっていることをあらわしています。
投資信託においてもリスク管理のため様々な投資対象への分散投資という考え方がありましたが、その中で、海外株式の購入は大変有効だといわれています。

しかしながら、この手法は少し有効性を失ってきているようです。なぜなら、現在の日本株は大きく海外の影響を受けているからといえます。
連動せずに、単体で動いていれば問題はなく、海外株の購入はリスクヘッジになるのですが、しかし2008年のリーマンショックでは全世界が同時に落ち込みました。

日本はこれまで、あらゆるものを高いレベルで世界へ輸出してきました。その一方昨今では、中国や、インドなどが成長し、自国の生産レベルをあげ、発展してきております。

これは日本企業が無視できないレベルです。結果、国家間で流通が活発になり、投資マネーも国家間を飛び交うようになりました。世界中の国が経済的に結びつくようになったので、一気に経済のグローバル化がなされたのです。

そんな連動された世界経済の中で、海外株の購入がリスクヘッジになるかは、ほんとに微妙な所に差し掛かってます。



ネット主婦の口コミから集めた口コミ比較サイト
M&S レッドキャピタルブレバン・ハワード・アセット・マネジメント 野村證券 JPMザ・ジャパン BMキャピタル サンデル・アセット・マネジメント ラサールグローバルREITファンド スマイリングパートナーズ