株式以外の市場

 

株式市場で個人が勝ち残るには株式市場以外の市場の動向もしっかり分析できなくてはなりません。

 

インターネットで世界経済が繋がる以前は、「株式」「債券」「商品先物」はそれぞれ別々の動きをしていました。しかし現在では、大きな時事に対する市場の反応は、株式でも債券でも同様な動きをするような傾向が出てきております。

 

かつて投資家は、投資判断の材料をそれぞれがそれぞれの地域で、個別に保有していたと言われています。しかし今となっては、多くのものがインターネットで簡単に入手でき、共有できてしまいます。

 

その結果、本来であれば逆の動きをしていた市場が同時に動くような現象が生まれてきたのです。

 

リーマンショックから始まった欧州不安の中、一時期、その不安感により外国人投資家が市場に晒していた投資金を一斉に換金しようとした時、株式も債券も商品先物も同時に売られるという現象が起こりました。

 

ただし、その時、金相場だけは上昇を続けたとのことです。
連動していない市場も存在しているということです。

 

しかしながら、今の市場が完全につながっているのは明らかであるため、株式市場だけを見るということは避けた方が良いと思われます。

 

気をつけなければならないのは、世界のどこかの市場で大きなマイナスが生まれた際、損失を補填するため、利益を出ているところの市場で一斉に「利益確定」の動きが始まるということです。グローバルな世界ではこのような形で各市場が反応しあうのです。



ネット主婦の口コミから集めた口コミ比較サイト
M&S レッドキャピタルブレバン・ハワード・アセット・マネジメント 野村證券 JPMザ・ジャパン BMキャピタル サンデル・アセット・マネジメント ラサールグローバルREITファンド スマイリングパートナーズ