金利と国債の関係

 

金利と国債の関係についてここでは説明していことにしましょう。
国債が買われるとよく金利が下がるといいますが、実際はどういう仕組みによって下がるのでしょうか?

 

国際の利率というものは発行時に決まるといわれています。例えばになりますが、「10年物の国債で、額面が100円で利率が1%」と言うように発行する際に条件を提示して販売が行われています。国債は利息と元本がほぼ保証されている金融商品です。

 

また商品を購入している投資家はいつでも、途中で売買を行うことも可能です。発行済みになった国債は自由に売買されています。

 

例えば10年もので利率が2%の国債を100万円分5年間持ったと想定してみましょう。
この人は5年後120万円を受け取ることになりますね。

 

しかしながら、5年目になり、換金の必要が出てきました。この5年で2%の利息がつくこの国債は当然売ることが可能です。仮に現時点で金利が下がっており、5年物の国債の利率が1%であった場合、新しく発行された1%ものの国債より、古い2%利率の国債がいいはずです。

 

これが98万で売られていた場合、5年後には100万ですね。2万円得するという話です。しかしながら、国債に人気が集中しますと、需要と供給のバランスで国債の価格が上がります。ここで例をあげた98万が99万円で売られているかもしれません。

 

こうなった場合、5年後には元本は戻りますが、得をする部分は1万円になってしまいます。
国債が買われると利率が下がるのはこういう理屈からです。

 



ネット主婦の口コミから集めた口コミ比較サイト
M&S レッドキャピタルブレバン・ハワード・アセット・マネジメント 野村證券 JPMザ・ジャパン BMキャピタル サンデル・アセット・マネジメント ラサールグローバルREITファンド スマイリングパートナーズ