株式市場を知る理由


投資信託を購入するにあたり、投資信託がどういったものかということを突き詰めていくと、運用会社の運用報告書をしっかり理解しなければならないということにつながります。

そこで結局、投資信託も日本株式などを投資対象として運用していることに気づかされるのです。投資信託を購入すると、その資金は運用会社に向かいます。そして運用会社は日本株を購入するか海外株を購入するか?はたまた債権か?またはデリバティブか?といった具合に運用先を探すのです。

自分の資金を預かっている運用会社が、いったい何を考え、どういった株や債券に投資するのか、その意図がわかってくると最終的には投資信託を購入する必要はないのではないかと思うのです。

私が言いたいのは、まさにこの部分で、最終的には投資家は全て自分で運用する方がリスクが低いのではないかと感じております。
そのためには本当に多大な知識を頭に詰め込むことが必要でしょう。

ただし、知識を身につけるのは難しいため、出来る限り優秀で能力の高いプロに身を任せたいと思うはずです。それゆえに投資信託やファンドというものが存在します。

ただし、そういったプロに預けるにしたとしても、投資家自身が知識や実力がなければ、運用を任せようとするプロの力量を見分けることができません。

そういったあたりから、基本的に最低限、株式のことぐらいは分かる知識があると良いかと思われます。


ネット主婦の口コミから集めた口コミ比較サイト
M&S レッドキャピタルブレバン・ハワード・アセット・マネジメント 野村證券 JPMザ・ジャパン BMキャピタル サンデル・アセット・マネジメント ラサールグローバルREITファンド スマイリングパートナーズ