用語集 その②

 

アセット

 

資産のことを表す言葉で、主に外資系の投資銀行や、ヘッジファンドなのでよく使われる言葉になります。
よく耳にするフレーズでは「アセットアロケーション」というのがありますが、これは、資産を複数に分配するといった意味合いになります。
また、アセットマネジメントという言葉もありますが、これは、資産管理の意味ですが、投資においては資産をどういった形で投資し、管理するのかといった意味合いで使われます。

 

ETF
上場株と同様に取引所で購入できるインデックスファンドのことです。通常の投資信託が一日同一価額での取引であるのに対し、ETFは取引時間帯に応じ、その時の流動している市場価格での取引が可能です。

 

アナリスト
証券業界や、企業に関する問題について調査や分析を行い、情報を提供する専門家やコメンテーターの事です。
ファンドマネージャ的な役割を果たすときもあります。

 

騰落率
一定期間の基準価額の上昇率をあらわしたもの。主に分配金込みの形でで表示されることが一般的です。
騰落率は実際の投資家利回りとは異なりますのでご注意が必要です。

 

ノーロード投資信託
申込手数料のかからない投資信託のこと。しかし、手数料が掛からない分、信託報酬などの他の手数料が割高である。



ネット主婦の口コミから集めた口コミ比較サイト
M&S レッドキャピタルブレバン・ハワード・アセット・マネジメント 野村證券 JPMザ・ジャパン BMキャピタル サンデル・アセット・マネジメント ラサールグローバルREITファンド スマイリングパートナーズ