投資信託と国内ファンド会社②


金融商品取引法第二条第二項では、最近の株式といった有価証券や、デリバティブ取引などを扱い、ファンドを組成するという場合は、投資運用業の登録や届け出が必要と記載されてあります。

ここで言う、投資運用業は、あくまで資金運用する行為のみであり、投資家から資金を集める行為は認められておりません。

投資家から資金を集める行為は、第二種金融商品取引業の登録が必要となるのです。
つまり、不特定多数より、お金を集めて運用まで行うということにはこの2つが必要となります。

余談ですが、証券会社は当然ながら第二種金融商品取引所の登録を済ませています。
では規模が小さく、それでありながら優秀なベンチャー会社がファンドを組成したい場合はどのように行えばよいのでしょうか?

ゴールドマンサックスは米国に本社を置く投資銀行として有名ですが、ここは世界中の先進国に支店があり、優秀なスタッフを集め、高度な金融工学を駆使しながら、絶対的利益を追求しているグローバル企業です。日本人大手企業の株主でもある彼らは世界各国で活躍しています。

有名な話としては、日本においても東大生や京大生といったエリート大学出身者しか採用しないといった話は有名ですね。


→次のページへ


ネット主婦の口コミから集めた口コミ比較サイト
M&S レッドキャピタルブレバン・ハワード・アセット・マネジメント 野村證券 JPMザ・ジャパン BMキャピタル サンデル・アセット・マネジメント ラサールグローバルREITファンド スマイリングパートナーズ