外国人投資家について


インターネットが発達して、国家間での海外送金も非常にやりやすくなりました。楽天銀行などは今までにないぐらい安い手数料での海外送金も認めています。

それにより日本の投資家は、たやすく海外の債券や株式を購入できるようになりました。

逆に海外の投資家も日本株に手を出しやすくなったということです。日本ではジャスダック以外に5つの証券取引所が存在してることご存知でしょうか?この証券取引所に上場している企業の株主のうち、4分の1を外国人投資家が占めているということはあまり知られていません。

外国人投資家の投資マネーは、日本の株式市場に多大な影響を与えています。
しかし、ここで言う外国人てどんな人のことを言うのでしょう?

外国人投資家といってもすべて外国籍の人間ではありません。

以前に日本国内で運営を行っていたファンド会社も外国人投資家と呼ばれているのです。
日本で投資家からの資金を集め、運用を成功させたファンド会社は大体シンガポールや香港に籍を移します。この時点で、外国籍ファンドなるわけです。

相場にはさまざまな思惑の投資家がひしめき合っています。
こういった人間たちが生き馬の目を抜く競争してるのですから、この事実から個人が相場で勝つのは難しいことはよくわかると思われます。


ネット主婦の口コミから集めた口コミ比較サイト
M&S レッドキャピタルブレバン・ハワード・アセット・マネジメント 野村證券 JPMザ・ジャパン BMキャピタル サンデル・アセット・マネジメント ラサールグローバルREITファンド スマイリングパートナーズ