ドルコスト平均法とは



投資をする上で、投資家がマネジメントできるのはリターンでなくリスクだということは以前にも説明したと思います。
またその具体的な手法として、投資対象を分散することや、投資タイミングを分散することもお話ししました。

この投資タイミングを分散するという手法に「ドルコスト平均法」というものが挙げられます。
ドルコスト平均法こそ、まさにリスクを軽減するための購入方法といえるのです。

具体的にどのようなものかといいますと、これは定額で一定の金額を投資し続けるという方法で、継続的に購入することにより、長期的な視点で見た場合、投資の購入コストを引き下げられる効果が生まれます。

価格変動のリスクに対して分散して購入することで平均単価が下がるのです。

しかし、これはあくまでも価格の変動が上下することが大前提であり、仮に一気に株価が下落してしまった場合は、平均単価が下がるとは言い切れません。

その場合についてですが、あくまでも下降トレンドに入っただけで先々は上昇するのか?もしくは、そもそも根本的な問題があり回復までに相当の時間を要すのか?このいずれかの理由により、その後の判断が大きく変わってきます。含み損がさらに増して大きな損失につながる前にロスカットしなければならないかもしれません。

当たり前ですが、確実な投資手法などありません。

しかし、ここで述べたシチュエーション以外においては、ドルコスト平均法は比較的有効なテクニックだと言えるでしょう。


ネット主婦の口コミから集めた口コミ比較サイト
M&S レッドキャピタルブレバン・ハワード・アセット・マネジメント 野村證券 JPMザ・ジャパン BMキャピタル サンデル・アセット・マネジメント ラサールグローバルREITファンド スマイリングパートナーズ