分配金について


投資信託を行う上での1番の楽しみというと、やはり分配金でしょう。投資信託では配当されるお金のこと分配金といいます。

さて、この分配金なのですが様々な種類の受け取り方あります。

どういったプランがあるかは販売会社によって変わってきます。
投資対象や資金配分と言ったことはほとんどが似たようなものですが、この分配金に関する支払われ方などは、販売会社によってルールも様々なようです。

さて、ここで大事なのは分配金は分配金としての確認が必要だということです。
一般的に「毎月必ず現金が手元に必要だ」と言う方以外は、分配金を受け取る期間というのは、長めにとったほうが賢明と言えるでしょう。

なぜならば、分配金を受け取る際、10%の税金が課税され、税金分を差し引かれた額が入金されます。毎回分配金が支払われる度に税金がかかるということは良いとはいえないでしょう。

課税されるのであれば、半年に1度か、1年に1回にまとめて課税された方が効率が良いと思われます。

ですから半年や1年に1回、分配金を受け取るときの方が、税金面で良いのです。

投資信託はその運用成績がどう動いていくかは誰にもわかりません。ですから税金などのコストはなるべく割高にならないように考えるのが正解と言えるでしょう。

ですから分配型のプランに関しては、定期的にもらえるからといって簡単に信じてしまわないことが良いのです。


ネット主婦の口コミから集めた口コミ比較サイト
M&S レッドキャピタルブレバン・ハワード・アセット・マネジメント 野村證券 JPMザ・ジャパン BMキャピタル サンデル・アセット・マネジメント ラサールグローバルREITファンド スマイリングパートナーズ