投資信託のデメリット


投資信託のメリットについて触れましたが、メリットがあるということは当然ながら、デメリットも存在します。
投資信託の代表的なデメリットとは、投資信託購入時から絡んでくる、さまざまな諸費用だと言えるでしょう。購入時には「販売手数料」。保有している間は「信託報酬」。そして解約の際にかかる場合があるペナルティー等です。

これらの諸費用は明確じゃなく、わかりづらい形でかかってくるあたりが、最大のデメリットと言えるのではないでしょうか?

また、投資信託は仕組みそのものがとても複雑であるため、ある程度の知識をつけてからでないと、なかなか判断がつけられない商品も多数存在します。

さらに販売してくる営業マンは多少なりとも強引なやり方で売り付けようとしてくるあたりも、やりづらいあたりです。

また最近では投資家の心理をうまくついた商品も多数存在します。投資家は「毎月の安定的なリターン」というものを一番臨んでいます。

そういった心理をついた、「分配型」といった商品が最近では作られており、人気を博していますが、この商品は意外な落とし穴があり、結局投資家にとってあまり良いことありません。

この様に投資信託のデメリットというのは、結局、金融の知識をしっかりたくわえないと、証券会社や銀行に食い物にされてしまうことではないかと私は考えております。


ネット主婦の口コミから集めた口コミ比較サイト
M&S レッドキャピタルブレバン・ハワード・アセット・マネジメント 野村證券 JPMザ・ジャパン BMキャピタル サンデル・アセット・マネジメント ラサールグローバルREITファンド スマイリングパートナーズ