運用コンセプトについて


投資信託を購入されたとき、定期的に送られてくる運用報告書を見ますと、ベンチマークといった言葉があることにお気づきでしょうか?では、このベンチマーク。一体どういう意味の言葉なんでしょうか?

投資信託を購入する際に最も重要なものは、手数料などの費用面だということはすでに説明をしていますが、その次に運用面で最も重要なのが、このベンチマークという概念です。

ベンチマークとは一般的に市場の平均に比べてどれくらいの利益を出せたかという点を見ていく指標のようなものです。

運用対象が国内株や債券であった場合、日経平均株価や、東証株価指数がベンチマークとして利用されます。また運用対象が海外株であった場合、各国の有名な株価指数がベンチマークとして用いられます。

投資信託の運用で大事なのは先ずベンチマークを上回る成績を残せるかです。

市場の平均を上回らないと投資信託に投資する意味がないからです。どの指数をベンチマークとするかは、その投資信託の目論見書や運用報告書で確認することができます。それらを見ればその投資信託が何をベンチマークに用いているかは事前に知ることができます。

出来る限り3年位前からの運用成績というものを確認して投資信託を選んでいくのが良いでしょう。


ネット主婦の口コミから集めた口コミ比較サイト
M&S レッドキャピタルブレバン・ハワード・アセット・マネジメント 野村證券 JPMザ・ジャパン BMキャピタル サンデル・アセット・マネジメント ラサールグローバルREITファンド スマイリングパートナーズ