投資信託の分類

 

投資信託には様々な分類があります。あえて投資信託に形態づけをするとすれば、「契約型」と「会社型」に分けることができます。

 

契約型とは信託銀行と運用会社が信託契約というものを当事者の間で契約し行う投資信託のことをいいます。
会社型というものは、投資事業有限責任組合等を組成したりする、いわゆる投資をを目的とする法人を設立することによって組成される投資信託となります。

 

また、購入のタイミングによってもケース分けをすることができます。
投資信託が運営されている間、いつでも購入ができるものを追加型投資信託といい、投資信託がスタートする間までの募集期間のみ事前購入が可能なものを単位型投資信託といいます。

 

そして、複数の投資家に幅広く広告が打てる商品を「公募型」といい、特定の機関投資家や身近な人たちの間だけの資金を運用するものを「私募型」といいます。

 

また払い戻しの方法によっても2種類ほどの分類分けができます。

 

投資信託が運用している期間中、いつでも換金可能なものを「オープンエンド型」といい、原則、償還期間が来るまで払い戻せないものを「クローズエンド型」といいます。

 

分類だけでもざっとこれだけのものに別れることができるので、多少難しくとも事前に知っておくことのほうがよいでしょう。



ネット主婦の口コミから集めた口コミ比較サイト
M&S レッドキャピタルブレバン・ハワード・アセット・マネジメント 野村證券 JPMザ・ジャパン BMキャピタル サンデル・アセット・マネジメント ラサールグローバルREITファンド スマイリングパートナーズ