当初募集期間について


新規で追加型の投資信託を購入する場合、「当初募集期間」というものがあります。
これは、どういうものかというと、一般的にこの期間に申し込めば、基準価額を1万円からスタートできるというものです。

多くの投資信託が基準価額を1万円と設定している場合が多く、そうすることで、その後の運用成績がどのよう推移していくかが非常にわかり易いということになります。

日本では投資信託が千本近くあるといわれておりますが、それぞれの当初募集期間の長さには違いがあります。

この当初募集期間というものは、あくまで、基準価額が1万円で設定できるので見やすいという理由だけです。
この場合での基準価額は、株価と同じようなものだと捉えていただいても構いません。

株式を購入する際、その会社の成長が期待できるのであれば、いつ買っても割高ではないでしょう。

ここでいう、この基準価額が高かろうが安かろうが、そこだけ見て得だ損だと判断することは全く意味がないのです。

投資における利益は、「安く買って高く売る」というシンプルな理屈です。それさえクリアできるならばタイミングはいつでもいいわけです。

当初募集期間だからといって、必要以上に焦ることは一切ありません。しっかりとその投資信託のことを把握し、購入の判断をされるのが一番でしょう。


ネット主婦の口コミから集めた口コミ比較サイト
M&S レッドキャピタルブレバン・ハワード・アセット・マネジメント 野村證券 JPMザ・ジャパン BMキャピタル サンデル・アセット・マネジメント ラサールグローバルREITファンド スマイリングパートナーズ