リスク別に考える資産運用


資産運用を行う上で、リスクについてしっかり把握するのは必須ともいえます。
リスクの度合いを把握するだけで、金融商品についても整理して覚えることもできます。

基本の部分ですけれども、下記にまとめましたので、ご参考ください。


①ノーリスク・ローリスク型

完全に元本が保証されるものを指します。個人向け国債、地方債、社債などです。
どれも発行する側にとっては負債(借金)になりますから、返済の原則から考えると確実なリターンが期待できるのです。

なかでも国債や地方債は国の後ろ盾がありますから、元金を減らすことなく運用につなげることができますが、その代わり利率も非常に低く長期にわたって預ける必要もありますので、預貯金するくらいならといった感覚で行うのが良いでしょう。




②ミドルリスク・ミドルリターン型

そんなにリスクは負わない代わりにそれなりのリターンが期待できるのが、このミドルリスク・ミドルリターン型です。

主なところで、不動産投資信託金投資などがあげられます。
ただし、商品数が非常に多くリスクの度合いや注意点も商品ごとに違うため、内容をしっかり理解した上で選ぶことが重要です。

中には、元本保証に近い『元本確保型』や『元本保全型』といった商品も多い為、リスクはある程度抑えつつも着実にお金を増やしたいと考えている方にはおすすめです。

最近では個人投資家による不動産投資が人気を集めているようです。参考までに下記に無料で手に入る資料を紹介しておきます。


参考資料 無料で不動産投資の知識を身につける『不動産投資大百科』



③ハイリスク・ハイリターン型

下手をすれば元本を全て飛ばしかねないリスクがありますが、成功すれば非常に大きなリターンが返ってくる商品たちです。

代表的なものでFX(為替証拠金取引)・先物取引などが、これにあたります。ミドルリスク・ミドルリターン型の場合は、最悪資金がゼロで済みますが、このタイプではマイナスになる可能性があることを覚悟しなければなりません。

したがって、ハイリスク・ハイリターン型の金融商品は経験を積んだ投資熟練者向きです。リターンの大きさは魅力ですが、初心者の方は手を出さないほうが良いかと思われます。

それでも初心者が大きなリターンを望むのであれば、優秀なファンドマネージャーが扱うヘッジファンドに預けるほうが良いでしょう。
このサイトのランキングでいうところのファインドエッジ社などが良い例です。


ネット主婦の口コミから集めた口コミ比較サイト
M&S レッドキャピタルブレバン・ハワード・アセット・マネジメント 野村證券 JPMザ・ジャパン BMキャピタル サンデル・アセット・マネジメント ラサールグローバルREITファンド スマイリングパートナーズ