伸びる投資信託どれか?

投資信託というと、どちらかというと『ローリスクローリターン』といったイメージで落ち着きがちですが、中には基準価額が倍になるというもの存在します。

おもに、先進国の中小型や、バイオ関連のものが該当します。
下記に騰落率のランキングを記載しますので、ご参照ください。


▼騰落率ランキング▼

順位 ファンド名 資産流入額(億円) 基準価額
1位 新光US-REIT オープン 12,956 4,429
2位 フィディリティ・USハイ・イールドファンド 12,079 5,431
3位 ラサール・グローバルREITファンド(毎月分配型) 9,536 3,848
4位 短期豪ドル債オープン(毎月分配型) 8,613 6,296
5位 フィディリティ・USリート・ファンド 8,188 6,493


では、もっとも伸びた投資信託は、やはりそれだけ売れたのでしょうか?
実はそうとは限らないのです。



▼資産流入ランキング▼

順位 ファンド名 騰落率 基準価額
1位 DIAM新興市場日本株ファンド 379.87 29,769
2位 ソフトバンク&グループ株式ファンド 163.87 14,278
3位 SBI中小型割安成長株ファンドジェイリバイブ 134.71 15,308
4位 ゴールドマン・サックス米国株式マーケットニュートラル・ファンド 130.99 1,060
5位 大和住銀日本株小型ファンド 124.97 13,029



この純資産流入ランキングからも分かるように、資産流入額ランキングと騰落率ランキングの順位はかぶりません。

ということは、確かに良い投資信託は存在したが、その存在を知る人は多くなかったということです。


きっちりした読み方さえできれば、投資信託で高い利回りを得ることも可能だということです。

投資信託といえば、地道にのんびり行うイメージでしたが、やり方によっては、アクティブな投資スタイルにも使えるということになるのです。






ネット主婦の口コミから集めた口コミ比較サイト
M&S レッドキャピタルブレバン・ハワード・アセット・マネジメント 野村證券 JPMザ・ジャパン BMキャピタル サンデル・アセット・マネジメント ラサールグローバルREITファンド スマイリングパートナーズ