投資信託とヘッジファンドの違い


投資信託とファンド、投資のことを知っていくほど、この二つの単語がなんとなく同義語のように聞こえてくるかと思われます。
さほど、違いなく使われることが多いのですが、ここで詳しく整理することにしましょう。


投資信託も一般的にファンドと呼ばれますが、日本において大きく違うのは、日本監督官庁のどこが管理しているか否か、ということが大きな違いになります。


金融業には多くの法規制があり、どの営業行うには、どの免許や許可が必要か?細かく細分化されています。
投資信託と言われるためには『投資信託や投資法人に関する法律』に従い、運営を行う必要があります。

よって、厳しい行政の監督を受けた委託業者だけが投資信託を扱うことができるのです。


そして、ファンドといえば、まず頭に浮かぶのが日本国内のヘッジファンドでしょう。
ここでいうヘッジファンドは、「顧客から資金を集めて独自のノウハウで運用し、利益を追求する日本の法人」のことを指します。

またレストランファンドなどのように、とある事業モデルをつくり、そこに投資家を募って、事業が軌道に乗った時に配当を払う、というのもございます。


ここのところよく聞くことのある「投資事業有限責任組合」は、金融庁に「適格機関投資家特例法」の届出をだして営業を行うものです。

投資顧問会社などが、投資家から委託を受けて資金の運用しますが、これらが日本でいうところの一般的なヘッジファンドといえるでしょう。

行政の監督をうけている委託業者が扱っているのが『投資信託』、届出をだして資金集めをし運用するのが『ヘッジファンド』と区分けすると分かりやすいかと思われます。


ネット主婦の口コミから集めた口コミ比較サイト
M&S レッドキャピタルブレバン・ハワード・アセット・マネジメント 野村證券 JPMザ・ジャパン BMキャピタル サンデル・アセット・マネジメント ラサールグローバルREITファンド スマイリングパートナーズ