大手の投資信託は買うべきか?


野村證券や、大和証券、三井住友銀行や、東京三菱など・・・・マスコミでは大手の投資信託のCMなどをよく目にします。

当然ながら投資信託を購入されてる方のほとんども、この大手金融機関の投資信託を購入されていると思われます。


やっぱり大手が扱うものは、それだけ利益もでやすいんでしょうか?

管理人の考えでは、『決してそんなことはない』と断言できます。


むしろ、大手のものは購入されないほうがいいと考えます。

理由としては、大手の投資信託やファンドは、先回りのの投機マネーが流れやすいからです。

一つの例をご紹介しましょう。

有名どこである野村證券の「ノムラ日本株戦略ファンド」というのがありました。

このファンドが設定された時期そのものが、全てのファンドの成績があまり良くなかったため、ファンド業界全体がぱっとしせんでしたが、他のファンドと比べても、この投資信託はあまりよくありませんでした。


その理由は、この投資信託は設定前からかなり話題で、このファンドの買いをあてにした、投機マネーが先回りで多く入ってきたためです。

こういったことは、有名なファンドであれば、実はよく起こるようなのです。

市場で有名になってしまうと、多くの投資家が注目するため、ファンドそのもののパフォーマンスが落ちる傾向にあります。

したがって、大手の特に有名な投資信託は『手をだすべきではない』、管理人は考えるのです。


ネット主婦の口コミから集めた口コミ比較サイト
M&S レッドキャピタルブレバン・ハワード・アセット・マネジメント 野村證券 JPMザ・ジャパン BMキャピタル サンデル・アセット・マネジメント ラサールグローバルREITファンド スマイリングパートナーズ