投資信託の購入はクレジット決済が良い


投資信託の購入がクレジットカードで買えるというのをご存知でしたでしょうか?

クレジットカードはその利用で、カードのポイントが貯まるということもありますが、これは投資信託の購入でも適用されるというのは、意外にも知らない方が多いようです。

ポイントがつくのであれば断然、クレジット決済での購入が良いでしょう。

管理人のリサーチでは、下記の証券会社はクレジットでの購入が可能なようです。


證券会社 使用可能クレジットカード
マネックス證券 セゾンカード
楽天証券 楽天カード


ちなみにカード利用の際のポイントに関しては、投資信託の購入代金に付くのではなく、「販売手数料」に対してポイントが付くようです。

例をあげますと、販売手数料が2%の投資信託の場合、100万円購入した時にかかる手数料は2万円になります。この2万円がポイントとなるわけです。どれくらいのポイントがつくかは、それぞれカード会社によって違いますが、2万円という金額がポイントとなるのは大きいのではないかと思われます。

こういった具合で投資信託の購入でポイント還元されるのはなかなか良いと管理人は考えます。

ちなみにクレジットカードのポイントとは若干話しが異なりますが、SBIファンドバンクでは、独自のポイントシステムを導入しているので、信託報酬の一部を受益者にポイントで還元。といった優遇策なども行っているようです。


ネット主婦の口コミから集めた口コミ比較サイト
M&S レッドキャピタルブレバン・ハワード・アセット・マネジメント 野村證券 JPMザ・ジャパン BMキャピタル サンデル・アセット・マネジメント ラサールグローバルREITファンド スマイリングパートナーズ