投資信託はいつ買うのが良い?


投資信託をはじめる際に、つい踏みとどまってしまうのが、『いつ購入するか』ということです。

これに関してですが、管理人の考え的には二つの考え方があります。


まずは、過去の株式の値動きなど市場数値を分析した後、今がどういった状況かを判断することです。
例えばですが、高値圏から下落率が40%程度なら底値だと判断し、「これからは上昇していくのではないか」と、予測して購入するといった考え方です。


そしてもう一つが、「今が運用効果を得ることができるタイミングなのか」を考えることです。

例えば、定期的な収入があり、貯蓄ができ、目標達成までに10年~20年以上ある方は、資産運用が可能な時期だといえます。この時期であれば始めるなら早いほうが効果的で、短期間の小さな値動きに敏感になる必要がありません。

たとえ値下がりしたとしても、取り戻す時間や資金的余裕も充分にあるからです。


一方で、すでに一定の資産があり、今後はその資産を守りながら運用する必要がある時期であれば、元本が減ってしまうことに対する『怖さ』はぬぐいきれません。

よって、市場が下降傾向の時期に始めるのは、避けた方が良いでしょう。

投資信託を購入し、結果的に利益を得られる場合は、市場や経済の動きや、購入のタイミングがたまたま良かった場合と考えられます。

かといって、経済の動向などを予測するのは容易ではなく、購入のタイミングを見定めるのは難しいといえます。

ですから、購入のタイミングそのものを分散し、時間的なリスク分散を行うのが良いかと思われます。あとは、投資期間そのものを分散させるというのも一つの手です。


ネット主婦の口コミから集めた口コミ比較サイト
M&S レッドキャピタルブレバン・ハワード・アセット・マネジメント 野村證券 JPMザ・ジャパン BMキャピタル サンデル・アセット・マネジメント ラサールグローバルREITファンド スマイリングパートナーズ