株の売買手数料より割がいい?

現在は、株式売買の手数料では金融機関が全く儲からない時代になりました。 当たり前に手数料は値下げとなり、年々、オンライン株取引がメインとなっています。

株式売買に関わる手数料が低下したため、株式売買に関わる売買手数料ではどんどん割りに合わなくなってきています。 投資信託の場合は、販売会社に入る投資信託の商品の購入手数料は、通常でも1%前後、手数料が高いものでは購入金額の3%となっています。

株式での売買手数料よりも、購入手数料や、信託報酬がある投資信託の方が断然利益率が高いので、金融機関からすると投資信託の販売に力を入れていきたいと考えるわけです。 銀行や証券会社、保険会社や郵便局などでも投資信託を販売しており、お金儲けになるので投資信託を扱っています。

このように株の売買手数料よりも投資信託の購入手数料の方が割りがいいのです。 投資家からお金を集めるだけ集めれば、運用者側は何もしなくても儲けることはできます。

これは、あくまでも極端に言えばですが、集めれば集めた分利益が増えるので、たくさんの投資家に対して、投資信託を売ることが彼らの仕事になってきます。 預かり資産の一部を、金融機関側は利益として受け取ることが可能です。

販売会社や運用会社が、信託報酬という名目でこれを受け取るのです。 投資家がファンドを購入し、保有する間はこの費用が発生し続けます。

結果がどうあれ信託報酬は必ず発生します。 プラスマイナスゼロの運用成績であってもです。

購入額が増えるにつれて、収益が積み重なっていきます。 運用側にとっては、信託報酬からも十分な利益が見込めます。

信託報酬はファンドの純資産から日々引かれています。


ネット主婦の口コミから集めた口コミ比較サイト
M&S レッドキャピタルブレバン・ハワード・アセット・マネジメント 野村證券 JPMザ・ジャパン BMキャピタル サンデル・アセット・マネジメント ラサールグローバルREITファンド スマイリングパートナーズ