投資信託は様々な種類で分類できる!

投資信託は様々な種類で分類できます。 「契約型」と呼ばれるのは、投資信託商品の中でも、信託契約をして信託銀行と運用会社が結ぶことによって組成されるものを指します。

また、投資法人を設立して組成される投資信託のことを「会社型」と呼びます。 分類を投資期間や方法で分けて考えるならば、「追加型」と「単位型」に分けて投資信託を考えることができます。

投資信託の運用期間中は「追加型」のものはいつでも購入できますが、応募し購入するもので、投資信託が始まる前の募集時のみ、購入可能というのが「単位型」です。 さらに投資対象で分けると投資信託は「株式型」と「公社債型」に分類できます。

株式投資信託は税率が一律10%までとなっています。 一般的な株取引と同様に、株式投資信託の場合は損益は通算できますが、公社債券の場合は、損益の通算も損失の繰越もできません。

公社債券の税率は一律20%です。 投資信託は保守的な「パッシブ型」、積極的な「アクティブ型」、「絶対収益追求型」のように投資スタンスで分類することもできます。

パッシブ投資は、特定のベンチマークと同程度の成果を目的とするものでして、インデックス型とも呼ばれるのは、これらベンチマークと連動させるからです。 絶対利益追求型はプラスの成果を出すことだけを求めます。

市場の動向にかかわらず、ベンチマークもおきません。 アクティブ型は、狙いとしてはベンチマーク以上の成果を目指しています。


ネット主婦の口コミから集めた口コミ比較サイト
M&S レッドキャピタルブレバン・ハワード・アセット・マネジメント 野村證券 JPMザ・ジャパン BMキャピタル サンデル・アセット・マネジメント ラサールグローバルREITファンド スマイリングパートナーズ